メイン

ニュース アーカイブ

2006年10月22日

世界唯一橋の上に建設する観覧車は来年天津で完成する予定

cihaiqiao.jpg
上図は完成後のイメージ

天津日報の報道により、来年天津の海河の上に、世界唯一橋の上に建設する巨大観覧車が完成される予定です。

この橋の名前は「慈海橋」と言います。「天津之眼」と呼ばれ、海河総合開発の一番最初に建設される予定の橋のひとつです。

橋全長600メートル、幅32メートル、上下2階あり、レストランなどの施設も建設する予定です。

観覧車は直径110メートル、384人乗り、1回転約30分かかります。最頂点に周囲40キロの風景を眺める事が可能です。

天津のもうひとつの観光スポットになるでしょう。

2006年10月25日

ウォールマートとGEは中国でクレジットカード業務開始

ウォールマートとGEは中国の深セン発展銀行を協力して、今月末から中国の消費者向けにクレジットカード発行業務を開始します。

元立ても出来るし、ドル立ても出来るそうです。

中国は今年末にWTO協定に従って、金融市場を開放しなければなりません。中国政府はますます外国金融機構に政策を緩めている。

今のところ、アメリカのシティバンクグループ、イギリスのHSBC、アメリカのアメリカエクスプレースだけ中国のクレジットカード業務の許可をもらいました。

ウォールマートはちょうど今の小売業競争激しくなった時期でクレジットカード業務を開始するのは、中国の小売業でリーダの地位を確保する狙いがあるでしょう。

でも、中国本土のトップ30位の小売チェーンは去年1年間、店舗数が20%を増加し、1万6千店以上になりました。すべての外資チェーンの店舗の合計よりも多いです。中国の小売業をリードするのは、そう簡単ではないようです。

2006年10月26日

天津第一汽車「威志」が販売開始

10月25日、天津第一汽車の「威志」ブランドの車は販売開始と発表しました。

weizhi1.jpg

「威志」は200人以上の開発者で、1000日以上の時間と3億元の資金をかけたプロジェクトです。発表会場に、天津市政府の要員と第一汽車グループのリーダたちが出席しました。

weizhi2.jpg

1.3L型の定価は57,868元(約86万8千円)、1.4L型は59,868元(約89万8千円)です。まず江蘇、浙江、上海、広東、四川などの地域で販売開始します。

weizhi3.jpg

車体サイズは3.855×1.68×1.5m、ヘッドランプは他の同レベルの車種よりかなり明るく、スポーティなデザインを取り入れました。

内装はリサイクルできる材料を多く使用し、USBコネクター付きのオーディオプレーヤーが付いています。MP3、MDなどの機器に簡単に接続して、再生できます。

安全面で中国自主ブランドの中で始めて全面的に国の認証をパスできる車です。

weizhi4.jpg

2006年10月29日

天津は中国3番目の証券取引所の設立を申請

天津市は上海、新センに続く、中国国内3番目の証券取引所の設立を国務院に申請しました。

天津市は北の金融センターを目指して、濱海新区に証券取引所を設ける計画です。

天津の濱海新区は上海の浦東新区の約4倍の規模を誇り、トヨタ自動車や米モトローラなどの多国籍企業が同区での工場建設に巨額出資を行っている。

具体的な内容や期限はまだ決めてないらしい。

2006年10月30日

中国学生日本留学110周年記念会は東京で行いました。

10月28日中国留日同学総会と全日本中国留学人員友好聯誼会が主催した「中国学生留日110周年記念会は東京で行いました。

中国大使館、中国留学人員聯誼会、欧米同学会、社団法人日中協会などの幹部が出席し、100余りの人が参加しました。

1896年清政府が日本に13名の留学生を派遣してから、110年の歴史がありました。110年の間、数十万人の留学生は日本に来まして、中国の建設に欠かせない力を貢献しました。

20世紀はじめ、李大釗、陳独秀、周恩来、彭湃など優秀留学生は中国の民主革命に重要な貢献しました。中国改革開放後も大量の優秀留学生が来ました。

2006年11月13日

北京の黄身は赤い鴨の卵は要注意

癌を引き起こすSudan 1を飼料にした鴨の卵は中国で話題になっています。

061113zl09.jpg

061113zl10.jpg

061113zl11.jpg

黄身が赤い鴨の卵は中国で非常に人気があります。赤いほうが見た目も綺麗だし、栄養も多く含まれています。北京のある卸売り市場で、一日の出荷量は3トン余りがあります。

このことを利用して、飼料に工業用添加剤Sudan 1を混入することによって、黄身を赤くすることで、悪徳商売をやる人たちがいる。

Sudan 1は中国の法律で明確に食品に使ってはいけないことになっていますが、金のため何でもやるやつがいるため、注意しなければなりません。

こういうSudan1を使った卵はほとんど北京へ出荷しました。政府は一応商品を検査し、当った商品を破棄しましたが、ひょっとしたら、市場に出回っているものがまだあるかもしれません。北京に駐在している方は十分注意したほうがいいと思います。

2006年11月14日

北京モーターショーは11月19日から27日まで行う

2006北京モーターショーは11月19日から27日まで北京中国国際展覧中心で行います。19日から20日は招待客だけ、21日から一般オープンになります。

beijingmoto.gif

展示面積は12万平方メートル、約40万人の来場者が予測されています。入場料は19日~20日は100元、21日~27日は50元です。

世界中のメーカーはほとんど出展するそうです。

2006年11月17日

中国は11月15日から国内定形郵便の料金を突然上げました

中国国家発展と改革委員会、国家郵政局により、11月15日から中国国内定形郵便の料金を上げることが決まりました。

市内郵便の場合、2角(0.2元)、市外郵便は4角をあげました。

今まで市内郵便は0.6元でしたが、これから0.8元になります。市外の場合、今までの0.8元から1.2元になります。

はがきは0.6元から0.8元になりました。

今回の料金調整は突然来まして、郵便局の従業員さえ、朝仕事に来てから、初めてわかったそうです。すぐその日に新しい料金制度を執行しました。

中国は供熱、水道料金を調整する場合、「聴証会」という形で、国民の意見を検討する場を設けましたが、何で今回はみんなに関係がある郵便料金の調整は「聴証会」を開かないか不思議です。

郵政部門の関係者の話によると、IT技術の発展と共に、手紙を出す人は少なくなって、1999年一人当たりはがき4.1件程度、2005年が2.85件になったそうです。使う割合も個人利用から法人に移しまして、個人にあんまり影響がないと言う話もありました。

2006年11月21日

中国第11五年計画は150億元を長江の6大工程に投資するそうです。

新華ネットによると、中国第11五年計画中に、交通部は長江水運のインフラ建設に投資を強化し、重要航路の整理、港の建設、船型の標準化、三峡ダム通運能力拡張、水運保障など6大建設工程に150億元の投資を実施するそうです。

2006年11月27日

53万人余りが公務員の12,724個の職位に争う

中国2007年中央機関公務員公募の公共科目試験は11月26日に行いました。全国から53万人が試験に参加しました。

今回の公務員試験は全国31の省、自治区、直轄市で行い、89の部門、12,724の職位を提供しています。試験の事前登録者は74万人、最終的に試験に参加したのは53万人でした。当選の確率は約2.4%です。

試験は行政職業能力試験(120分)と論文(150分)2科目を行い、成績は12月末から公表します。来年2月から面接を行う予定です。

中国には公務員の待遇はますます良くなって、安定性も他の職業よりいいですので、ますます人気になってきました。

2006年12月01日

中国に世界最大の出力の太陽光発電所

11月20日、中国は世界最大の出力の太陽光発電所を建設することを発表しました。

現在世界最大の太陽光発電所はドイツのライプチヒ南30キロに離れているところにある、33500枚のソーラーパネルによる5メガワットクラスの太陽光発電所であります。中国に建設しようとしている太陽光発電所はなんと出力はその20倍の100メガワットだそうです。スケールは桁違いです。

建設場所は世界的な有名な仏教洞窟のあることで知られる観光地の甘粛省敦煌です。年平均日照時間は3362時間、1日平均にすると9時間以上の日照時間となるため「中国の太陽光発電の黄金地帯」と呼ばれている。シルクロードがあったころから今まで敦煌は交通の要所であり、太陽光発電をするには敦煌は、もってこいの場所なのだそうです。

総投資額約60億元(約905億円)、5年で完成する予定です。

2006年12月07日

天津経済技術開発区22歳誕生日、単軌道電車開通

12月6日、天津経済技術開発区(TEDA)は22歳の誕生日を迎えました。同時に単軌道電車(中国語で現代導軌電車と言います)を開通しました。

tedadangui1.jpg

濱海新区管理委員海主任、副市長らセレモニに参加しました。

tedadangui2.jpg

今回の単軌道電車はフランスのLOHR社の技術を使っています。1車両212人乗り、駅の平均距離は583メートルです。

tedadangui3.jpg

2月から着工し、投資金額1.9億元、天津開発区ないで運行し、線路全長7.86キロ。

tedadangui4.jpg

料金は2元(約30円)です。

tedadangui5.jpg

tedadangui6.jpg

今回開通したのは1号線、2号線と3号線は計画中だそうです。

2006年12月14日

ハルピン氷祭り準備開始

毎年ハルピンで行っている氷祭りの準備は始まりました。

hrbbingdiao1.jpg
ハルピン開発区広場で作品を作っている様子

hrbbingdiao2.jpg
ハルピン長江路製作現場

開発区広場と長江路など街中氷彫刻作品が次々完成しています。これで、市民と観光客の皆さんは楽しむことができるでしょう。

2006年12月15日

元西安建設銀行支店長ら4億元の汚職で死刑執行

元中国建設銀行西安市分行北大街支店長周利民と女性の経理劉怡氷、5年間合計4億元の汚職事件で12月14日、西安中級法院の注射死刑車の中で、死刑執行されました。

二人は1996年から偽引き出し伝票などの手段で合計4.84億元を吸収し、その中の2.07元を自分のポケットに入れました。今でも1.3億元は回収できない状態。

周利民は2000年10月偽香港の身分証を持ち、「黄志偉」の仮名で香港に逃げ、2001年7月香港で逮捕されました。

劉怡氷も海外に逃げ、2001年8月インドネシアで逮捕されました。

2006年12月22日

ハルピンの氷祭り始まりました

12月21日、第33回ハルピン氷祭りが始まりました。

xin_402120321221310914966111.jpg

xin_402120321221323410824112.jpg

今回展示している氷彫刻作品は2000点以上、使う氷の量は3立方メートルだそうです。

2007年04月17日

2006年度中国C2C市場の80%は淘宝網が占めた

北京のあるコンサルタントの調査によりますと、2006年度中国C2C市場の80%は淘宝網が占めました。この調査は2007年1月末から始めまして、北京、上海、広州、武漢、成都5都市を対象に行いました。

淘宝網は基本サービスは無料することを徹底的に実施し、誰でも簡単にネットショッピング体験できるようなサービスが充実しています。

中国2005年C2Cの浸透率の25.5%より、2006年は30.8%まで上昇しました。

ネットでの買い物は中国で毎年増えつつあります。

2007年04月19日

ビルゲッツ氏が清華大学で講演した

4月19日午前、ビルゲッツ氏が中国北京の清華大学で「未来の道:中国で共同創新」の公演を行いまして、清華大学から名誉博士号をもらいました。

070419_150906_4399.jpg

公演の中で、ビルゲッツ氏は始めて中国で研究所を設立する原因を明かしました。1997年ビルゲッツ氏が清華大学に訪問に来たときに、学生たちの熱情と創造性にすごく印象に残ったそうです。それから、アジアの研究センターを設立することを決めました。

070419_151054_86995.jpg

ビルゲッツしはVistaを清華大学にプレゼントしまして、清華大学は絵をビルゲッツ氏に贈りました。

2007年04月24日

広東移動は漫遊費をなくし、香港での受信を無料に

4月23日中国移動通信広東支社は即日から携帯の漫遊費をなくし、どこに居ても、長距離電話料金は0.39元/分だそうです。但し、掛ける場合、番号の前に「12593」をつけなければなりません。

今まで中国の携帯電話は登録の地域外に移動して使う場合、例えば北京で買った携帯を上海で使う場合、掛けるも受けるも「漫遊費」と言う費用が発生します。結構高かった。

広東移動のやり方は消費者が喜ぶでしょう。

更に、香港で受信する場合もすべて無料だそうです。但し、適応のコースが限られたみたい。ゴールデンウィークを狙っているそうです。

2007年05月03日

飛行機の液体手荷物についての新しい規定

中国民航総局は5月1日から液体手荷物についての新しい規定が始まりました。

新しい規定によりますと、国内便の場合、液体の手荷物の容量は1リッターまで(酒を除く)、越える部分は預からなければなりません。液体手荷物は検査を受けなければなりません。

中国国内始発の国際便の場合、容量制限は100CCです。

その他にもいろいろ細かい規定があります。

今日ある中東の搭乗客は大量の化粧品を手荷物にしたため、結局検査の時間に間に合わず、翌日の便に変更するこちになりました。

2007年05月25日

天津で建設する予定の超高層ビル

下記図のビルは天津開発区で建設する予定だそうです。

tianjin1.jpg

高さ356メートル、現在の天津テレビタワーに継ぎ、天津2番目高い建物になります。

ビルは3棟で構成され、低い棟はそれぞれ198メートルと136メートルです。

具体的な着工時間などはまだ不明です。

2007年06月13日

中国南方航空は7月から東南アジア向け増便

7月から中国南方航空は広州発、ミャンマーのヤンゴン、ダイのプーケット、カンボジアのアンコール、ラオスのビエンチャン4箇所に新しい便を運行開始します。

また6月20日広州白雲空港から週2便の広州ージェッダ、広州ーバンコクーリヤドの定期貨物便もMD-11F飛行機で運行開始します。

2007年06月28日

江西省は雷伴う暴雨で37人死亡

最近江西省の北部に持続的な雷雨、強風で、雹が降り、洪水災害が起きました。37人の死亡が確認されました。

JiangXiDaYu3.jpg
6月25日雷雨来る前の南昌市

JiangXiDaYu1.jpg
6月25日14時30分の南昌市

JiangXiDaYu2.jpg
6月25日雷雨あとの南昌市

今回の災害で、江西省上饒、南昌、景徳鎮、吉安、宜春などの地方で、負傷者死亡者続出、死亡者の中で32人は落雷で命がなくなりました。

2007年07月01日

広東省初の世界文化遺産登録

6月28日、広東省の開平碉楼と村落は広東省初の世界遺産になりました。中国の第35番目の世界遺産です。

KaiPingDiaoLou1.jpg

開平碉楼は清朝初期に、社会的に混乱な時期があって、洪水と強盗集団から身を守るため、民間で建て始めたものです。

KaiPingDiaoLou2.jpg

開平地区は華僑が多く、外国で稼いだ金で碉楼を次々立てました。華僑の影響で西洋の建物の風格を中国現地の手法にうまく融合して、独特な建物になっています。

KaiPingDiaoLou3.jpg

華僑の故郷として名高い江門の典型的な建築物であるとともに、中式、西洋式の両方を兼ね備えた美しい装飾、実用性の高さが評価に値するとされる。

KaiPingDiaoLou4.jpg

また碉楼はそれぞれにまつわるエピソードがあり、華僑の今日の発展と中外文化交流の歴史を物語るものでもある。

KaiPingDiaoLou5.jpg

開平碉楼は世界遺産になったと共に、政府から保護政策も出しています。4つの村落の一日の旅行者人数を1000人に制限し、碉楼に同時に上る人数も30人に制限しました。

開平碉楼の世界遺産申請はすでに2000年から行われており、8年間かけてやっと手にした快挙になりました。

2007年07月09日

北京オリンピック女子サッカーメイン競技会場完成

北京オリンピック女子サッカーのメイン競技会場上海虹口サッカー場は改装工事完了しました。

xin_3507040314494842194818.jpg

工事完了後のサッカー場は3万5千席と47ボックス席があって、今年9月から次回始める予定です。

xin_3507040314498122777719.jpg

2008年10月29日

11月8日から中国の飛行機で携帯を使うと強制管束される

11月8日から「公共航空旅客運輸飛行中安全保衛規則」が実施し始めることになっています。飛行中に携帯電話を使うと強制管束される可能性があります。

About ニュース

ブログ「中国人が語る中国事情」のカテゴリ「ニュース」に投稿されたすべてのエントリーのアーカイブのページです。過去のものから新しいものへ順番に並んでいます。

次のカテゴリは政府です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Powered by
Movable Type 3.33
あわせて読みたい
google reader
はてなRSSに追加

お気に入りに登録
Googleブックマークに登録
このページをdel.icio.usに登録
このサイトを登録 by BlogPeople



フッター 注文方法 お問い合わせ カートの中身