« 浜崎歩さんのチャイナドレス姿 | メイン | 東北の50歳の陳さんは女性に変身 »

広東省初の世界文化遺産登録

6月28日、広東省の開平碉楼と村落は広東省初の世界遺産になりました。中国の第35番目の世界遺産です。

KaiPingDiaoLou1.jpg

開平碉楼は清朝初期に、社会的に混乱な時期があって、洪水と強盗集団から身を守るため、民間で建て始めたものです。

KaiPingDiaoLou2.jpg

開平地区は華僑が多く、外国で稼いだ金で碉楼を次々立てました。華僑の影響で西洋の建物の風格を中国現地の手法にうまく融合して、独特な建物になっています。

KaiPingDiaoLou3.jpg

華僑の故郷として名高い江門の典型的な建築物であるとともに、中式、西洋式の両方を兼ね備えた美しい装飾、実用性の高さが評価に値するとされる。

KaiPingDiaoLou4.jpg

また碉楼はそれぞれにまつわるエピソードがあり、華僑の今日の発展と中外文化交流の歴史を物語るものでもある。

KaiPingDiaoLou5.jpg

開平碉楼は世界遺産になったと共に、政府から保護政策も出しています。4つの村落の一日の旅行者人数を1000人に制限し、碉楼に同時に上る人数も30人に制限しました。

開平碉楼の世界遺産申請はすでに2000年から行われており、8年間かけてやっと手にした快挙になりました。

About

2007年07月01日 01:57に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「浜崎歩さんのチャイナドレス姿」です。

次の投稿は「東北の50歳の陳さんは女性に変身」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Powered by
Movable Type 3.33
あわせて読みたい
google reader
はてなRSSに追加

お気に入りに登録
Googleブックマークに登録
このページをdel.icio.usに登録
このサイトを登録 by BlogPeople



フッター 注文方法 お問い合わせ カートの中身