« 3 2007 | メイン | 5 2007 »

4 2007 アーカイブ

2007年04月17日

2006年度中国C2C市場の80%は淘宝網が占めた

北京のあるコンサルタントの調査によりますと、2006年度中国C2C市場の80%は淘宝網が占めました。この調査は2007年1月末から始めまして、北京、上海、広州、武漢、成都5都市を対象に行いました。

淘宝網は基本サービスは無料することを徹底的に実施し、誰でも簡単にネットショッピング体験できるようなサービスが充実しています。

中国2005年C2Cの浸透率の25.5%より、2006年は30.8%まで上昇しました。

ネットでの買い物は中国で毎年増えつつあります。

2007年04月19日

ビルゲッツ氏が清華大学で講演した

4月19日午前、ビルゲッツ氏が中国北京の清華大学で「未来の道:中国で共同創新」の公演を行いまして、清華大学から名誉博士号をもらいました。

070419_150906_4399.jpg

公演の中で、ビルゲッツ氏は始めて中国で研究所を設立する原因を明かしました。1997年ビルゲッツ氏が清華大学に訪問に来たときに、学生たちの熱情と創造性にすごく印象に残ったそうです。それから、アジアの研究センターを設立することを決めました。

070419_151054_86995.jpg

ビルゲッツしはVistaを清華大学にプレゼントしまして、清華大学は絵をビルゲッツ氏に贈りました。

2007年04月24日

広東移動は漫遊費をなくし、香港での受信を無料に

4月23日中国移動通信広東支社は即日から携帯の漫遊費をなくし、どこに居ても、長距離電話料金は0.39元/分だそうです。但し、掛ける場合、番号の前に「12593」をつけなければなりません。

今まで中国の携帯電話は登録の地域外に移動して使う場合、例えば北京で買った携帯を上海で使う場合、掛けるも受けるも「漫遊費」と言う費用が発生します。結構高かった。

広東移動のやり方は消費者が喜ぶでしょう。

更に、香港で受信する場合もすべて無料だそうです。但し、適応のコースが限られたみたい。ゴールデンウィークを狙っているそうです。

About 4 2007

4 2007にブログ「中国人が語る中国事情」に投稿されたすべてのエントリーです。過去のものから新しいものへ順番に並んでいます。

前のアーカイブは3 2007です。

次のアーカイブは5 2007です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Powered by
Movable Type 3.33
あわせて読みたい
google reader
はてなRSSに追加

お気に入りに登録
Googleブックマークに登録
このページをdel.icio.usに登録
このサイトを登録 by BlogPeople



フッター 注文方法 お問い合わせ カートの中身