« 黄山のレストランに新しいメニューーー揚子鰐 | メイン | スーパーバスは北京に目撃されました »

中国に世界最大の出力の太陽光発電所

11月20日、中国は世界最大の出力の太陽光発電所を建設することを発表しました。

現在世界最大の太陽光発電所はドイツのライプチヒ南30キロに離れているところにある、33500枚のソーラーパネルによる5メガワットクラスの太陽光発電所であります。中国に建設しようとしている太陽光発電所はなんと出力はその20倍の100メガワットだそうです。スケールは桁違いです。

建設場所は世界的な有名な仏教洞窟のあることで知られる観光地の甘粛省敦煌です。年平均日照時間は3362時間、1日平均にすると9時間以上の日照時間となるため「中国の太陽光発電の黄金地帯」と呼ばれている。シルクロードがあったころから今まで敦煌は交通の要所であり、太陽光発電をするには敦煌は、もってこいの場所なのだそうです。

総投資額約60億元(約905億円)、5年で完成する予定です。

About

2006年12月01日 09:57に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「黄山のレストランに新しいメニューーー揚子鰐」です。

次の投稿は「スーパーバスは北京に目撃されました」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Powered by
Movable Type 3.33
あわせて読みたい
google reader
はてなRSSに追加

お気に入りに登録
Googleブックマークに登録
このページをdel.icio.usに登録
このサイトを登録 by BlogPeople



フッター 注文方法 お問い合わせ カートの中身